将棋ブログ~将棋めし(勝負めし)❗

将棋のプロ棋士・藤井聡太七段を始め、その他の棋士の将棋めし(勝負めし)に注目をしながら、対局も楽しませてもらっています。

藤井聡太七段【第78期・順位戦C級1組第1回戦】将棋めし(勝負めし)

★☆藤井聡太七段【第78期・順位戦C級1組第1回戦】将棋めし(勝負めし)☆★

藤井聡太七段は、前期・第77期の順位戦にて杉本昌隆八段とC級1組からB級2組へと師弟同時昇級となるか大変注目をされていたが、杉本昌隆八段は昇級となり、藤井聡太七段は二期連続の昇級とはならずだった。

順位戦では1敗してしまっただけでも、昇級が難しいというのを証明した形となった藤井聡太七段。
今期・第78期の順位戦も注目していきたいと思う。



2019年6月18日(火)関西将棋会館・水無瀬にて村田顕弘六段と対局。
持ち時間は6時間。

さて本局は、組み合わせ時より先後手が決められており、村田顕弘六段が先手、藤井聡太七段が後手となっている。

両者は過去二度対局をし、いずれも藤井聡太七段が勝利をしているが、本局はどの様な結果となるのか。


順位戦は持ち時間が長く感想戦の中継がないのが残念だが、中継が終わるまで観させて頂きたいと思う。


将棋めし(勝負めし)は以下の通りとなった。

f:id:marche3280:20190619234020j:plain
★藤井聡太七段・昼食メニュー★

⚫️「天丼+冷うどん」(980円)(やまがそば)

海老の天ぷらがドーンと二尾、それに加えて野菜の天ぷらも添えられており、画像を見ただけで満腹感が得られた(笑)

AbemaTV聞き手の和田あき女流初段は、冷うどんを見て「あげ玉が入っていてシンプル。涼しい感じがしますね。」とコメントされていた。
天丼とのセットであるので、うどんに添えられている具材はシンプルで正解だと思う。

このボリュームで、このお値段は有り難い。

自身、天丼は日頃食べないのだが年に数回無性に食べたくなる時がある。
やまがそばさんが近所にあるならば、週に一度は間違いなく通いたいと思える程、魅力あるお店だと思う。


★村田顕弘六段・昼食メニュー★
f:id:marche3280:20190619234148j:plain
⚫️「玉子とじうどん」(600円)(やまがそば)

AbemaTV解説の井出隼平四段によると「棋士歴の長い人のメニューの選び方ですね。」とコメントされていた。
夕食がある場合のバランスとして、昼食は軽めなのが良いらしい。

あとフリートークにて、井出隼平四段は納豆好きの様だが、納豆を混ぜるのは好きではない様だ。
対局のある食事時の納豆は匂いが気になるとの事。
ただ納豆巻を食される棋士も居るとか(もしかすると永瀬拓矢叡王の事…)今や匂いの出ない納豆もあるが、納豆好きにとっては、やはりあの匂いが良いのかもしれない。

自身は納豆は自宅以外ではほぼ食さないのだが、ホテルに宿泊した際、朝のバイキングで用意をされているミニサイズの納豆を見つけた時にはついつい手にしてしまう(苦笑)

「やまがそば」
大阪府福島区福島7-14-18


★藤井聡太七段・夕食メニュー★
f:id:marche3280:20190619234227j:plain
⚫️「豚しゃぶカレー」(850円)(CoCo壱番屋)

AbemaTV聞き手の竹部さゆり女流四段が「豚バラなので食べやすそうですね」とコメントされていた。


★村田顕弘六段・夕食メニュー★
f:id:marche3280:20190619234252j:plain
⚫️「ソーセージカレー+チーズ」(1100円)(CoCo壱番屋)

AbemaTV聞き手の竹部さゆり女流四段が「ソーセージがカリカリでトッピングのチーズも、マイルドで良いですね。」とコメント。

解説の伊藤真吾五段は「色々なメニューがあるので悩む。カレーは食べやすくて良いですね。」とコメントされていた。

そして、関西将棋会館で対局の場合の食事は両対局者共に、1部屋同室でと言われていた。
雰囲気は無意識に食べている感じとの事。
ちなみに関東の将棋会館・千駄ヶ谷で対局の場合、食事の出来る場所は、3箇所あるので分かれて食べる事が出来るとの事だった。

CoCo壱番屋と言えば、同じく将棋のプロ棋士である斎藤慎太郎王座のお父様が、大阪市でCoCo壱番屋FC加盟店のオーナーでいらっしゃるというのは有名な話。

特に中継がある際には、棋士仲間にオーダーしてもらえると広告としての効果もあると思うので御の字だと思う。

「CoCO壱番屋」
大阪市福島区福島7-14-17


さて対局の結果は、118手にて藤井聡太七段の勝利。

対局後のインタビューで、藤井聡太七段は「序盤から選択肢が広い将棋だった。安全度を過大評価しすぎた。最後は何とか凌ぐ事が出来た。気負いすぎても良くないので自分自身の対局に集中をして昇級を目指して頑張っていきたいと思う。」とコメント。

一方、村田顕弘六段は「チャンスがありそうな局面もあったが、気のせいだったのかもしれない。一局一局、楽しみにしているので機会があれば(藤井聡太七段)挑戦をしたい。」とコメントしていた。

藤井聡太七段の次局は、6月22日(土)【王将戦】千田翔太七段と東京・将棋会館にて持ち時間3時間の対局。

そして、6月19日(水)愛知県名古屋市の亀岳林 万松寺にて棋聖戦が行われる。
昨年5月の名人戦では、藤井聡太七段が学校帰りに対局場の万松寺へ足を運ばれたと話題になっていたが、今期の棋聖戦・副立会人を務められる、杉本昌隆八段(藤井聡太七段の師匠)の配慮等により、対局場へと駆けつけられるのかどうかも注目である。



【第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負・第1局】将棋めし(勝負めし)

★☆【第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負・第1局】将棋めし(勝負めし)☆★

2019年6月4日(火)兵庫県洲本市(淡路島)「ホテルニューアワジ」にて、棋聖戦の第1局が行われた。

対局者は豊島将之三冠・渡辺明二冠。
両対局者によるタイトル数の合計は、8タイトルある中の5タイトルを獲得されている。

2018年は31年振りに、複数冠獲得の棋士が居ない状況となり、8人がタイトルホルダーとなる《超戦国時代》となった。

この度は、将棋界の中でも最強棋士と言われている二人の対局という事で、非常に注目をされているタイトル戦である。

豊島将之三冠が初防衛となるのか、それとも渡辺明二冠が初の棋聖となるのか。

対局は振り駒により、渡辺明二冠が先手、豊島将之三冠が後手となる。




★午前のおやつ
f:id:marche3280:20190605142320j:plain
【豊島将之三冠】

⚫️カットフルーツ盛り合わせ

盤面に集中しながらも、カットされたフルーツを一口で食べられる感じが良かった。
あと、果実をそのままくり貫いて皮の部分を器にし、中身には果物をたっぷり使用し盛り付けられているのも瑞々しさが保てており良かった。

豊島将之三冠は、4月・5月の佐藤天彦九段との名人戦でも、午前・午後のおやつにフルーツの盛り合わせを選ばれおり、色んな盛り付けをされたフルーツを見るのも楽しみの一つとなっている。

AbemaTV聞き手の藤井奈々女流一級がカットフルーツの盛り合わせを見られて「水分でさっぱりとしているから食べやすいと思う」とコメントされていた。

f:id:marche3280:20190605141951j:plain
【渡辺明二冠】

⚫️スイートポテトもっちりケーキ
⚫️玉葱パイ
⚫️ホットコーヒー

おやつが運ばれた際、渡辺明二冠は暫くの間、おやつをジーッと凝視されていた。
きっと玉葱パイの渦の形(玉葱を横に輪切りした形)に見入っていたのではないのかなと思う。

AbemaTV解説の北浜健介八段が玉葱パイを見られて「一回食べてみたい」とコメントされていた。
藤井奈々女流一級が「淡路島の玉葱は普通の玉葱よりも甘い」と言われており、自身もこれまで段ボール一箱分程の数を食した事があるので、甘さに関しては正しくその通りだが、パイとなるとどんな味なのかは気になる所だ。


★昼食メニュー
f:id:marche3280:20190605142038j:plain
【豊島将之三冠】

⚫️牛丼(淡路牛)+ミニうどん

北浜健介八段が牛丼の牛肉が淡路牛であると知った後「今から淡路島に行きたい位」とコメントされていた。

あと持ち時間が4時間なので夕食休憩がないとの事だが、ボリュームがとても少ないなと感じた。
午後のおやつもあるのだが胃袋は満たされたのか、腹八分目までは頂かれたのかなと、ふと気になった。
f:id:marche3280:20190605142112j:plain

【渡辺明二冠】

⚫️牛丼+玉葱スープ+ミニうどん

藤井奈々女流一級が「玉葱が甘くてサクサク」とコメントされていたが、淡路島での対局との事で、現地の淡路牛や玉葱をセットにして舌鼓を打つ事が出来、嬉しいランチタイムだった事だろう。

対局室前に広がる海を眺めると海の幸も頂かれたい事と思う。
現地入りも早かった様なので、もしかすると既に召し上がられているのかもしれない。


★午後のおやつ
f:id:marche3280:20190605142242j:plain
【豊島将之三冠】

⚫️カットフルーツ盛り合わせ+アップルジュース

午前のおやつと比べるとメロンがある分、ボリュームがある様に見えた。
それぞれのフルーツが白いお皿の上でパーティーをしているかの様に華やかだった。


【渡辺明二冠】
f:id:marche3280:20190605142201j:plain
⚫️和菓子+アイスコーヒー

初夏を感じさせる様な5種の和菓子は視覚的にも楽しませてくれた。
紋付き袴姿で和菓子を頂かれている姿を見て、日本の和は風情があり良いなと改めて思った。

AbemaTV解説の及川拓馬六段が聞き手の宮宗紫野女流二段に「どの和菓子が良いですか」と質問されてから後、暫く考え込まれていた。
おっとりとされた印象のある宮宗紫野女流二段らしい反応だなと思った。

さて対局結果は168手にて豊島将之三冠の勝利。
初防衛に向けて、まずは一歩リードした形となった。

ところで、渡辺明二冠が前夜祭の壇上で「洲本城を観るため三熊山に登った際にヘビに会って悲鳴をあげた。自然豊かな淡路島ならでは。リラックスができた。」とお話をされていたが、渡辺明二冠は確か大の虫嫌いだったはずなのだが(将棋の渡辺くんより→家のベランダの窓は全てピタッと閉めておかないといけなくて、常に殺虫剤を置いている。)



さて次局、ヒューリック杯棋聖戦【第2局】は、2019年6月19日(水)亀岳林 万松寺(愛知県名古屋市)となる。
大盤解説会では、杉本昌隆八段が解説をされる様だが、昨年5月に同じく万松寺で行われた名人戦の対局室に学校帰りの藤井聡太七段が入室をされ当時話題になった。
今年も万松寺まで足を運ばれるのかも注目である。


羽生善治九段【第60期王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフ】将棋めし(勝負めし)

★☆羽生善治九段【第60期王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフ】将棋めし(勝負めし)☆★

前局、木村一基九段との対局にて羽生善治九段が勝利をすれば、歴代最多勝数更新で単独一位となっていたのだが、敗れてしまった為、本局へ持ち越しとなった。

2019年6月4日(火)本局は東京・将棋会館【特別対局室】にて永瀬拓矢叡王と対局。
この特別対局室は、昨日3日(月)に藤井聡太七段が佐々木大地五段と対局した場所でもある。
連日、熱い戦いが繰り広げられている。

さて本局の振り駒は【と金】が3枚出た為、羽生善治九段が先手、永瀬拓矢叡王が後手となる。




★羽生善治九段・昼食メニュー★

f:id:marche3280:20190605000939j:plain
⚫️「手ごねハンバーグ」(900円)(鳩やぐら)

羽生善治九段は「鳩やぐら」さんで良くオーダーされているという印象がある。
ハンバーグの焼き具合や和風あんがかかっている所等、盛り付けも中々キレイだと思った。

手作りにこだわられている店主のお料理は家庭的な温かい感じがするのだろうか。

ちなみに羽生善治九段の奥様・羽生理恵さん(旧姓:畠田さん)も以前「完全無農薬のデリカショップ」『リトルキッチン自由が丘店』をオープンし、おにぎりやお弁当を販売されていた事がある。
お惣菜は、その日の朝採れたての無農薬有機栽培野菜を使用する等、食材にこだわられている「鳩やぐら」さんと重なる所がある様な気がする。

「鳩やぐら」
東京都渋谷区千駄ヶ1-22-4
豊歳ビル1F


★永瀬拓矢叡王・昼食メニュー★
f:id:marche3280:20190605001005j:plain
⚫️しょうが焼き定食(肉2枚追加)(1800円)ふじもと

肉には厚みがあり食べ応え満点な感じだ。
小鉢があるのも嬉しいが、お値段から考えても、商品名が記載された袋入りのソースがちょこっと添えられているのが少しだけ残念な感じがした。

「ふじもと」
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-14-2

さて気になる対局結果は、133手にて羽生善治九段の勝利。

歴代最多勝数更新【1434勝】で歴代単独一位となった!

おめでとうございます🎵

羽生善治九段へ、日本将棋連盟会長・佐藤康光九段、中原誠十六世名人、谷川浩司九段らからお祝いのメッセージが届けられている様だ。

以下は、加藤一二三九段、藤井聡太七段からのお祝いのメッセージをご紹介させてもらいたいと思う。





【加藤一二三九段】
平成の世を常に最前線で闘い、他の誰をも寄せ付けぬ別格の実績を残してこられましたが、令和の世にまたこうして、不断の努力、たゆまぬ研究心により、偉大なる記録を打ち立てられましたこと、心よりご尊敬申し上げます。



【藤井聡太七段】
歴代最多勝の達成に心よりお祝い申し上げます。
一局一局の積み重ねが1434勝という偉大な記録となり、これからもさらに重ねていかれることに深い感銘を覚えます。



羽生善治九段は、2017年に永世7冠を達成され、2018年には国民栄誉賞を受賞。
そして、この度は歴代最多勝歴代1位という偉業を成し遂げられた。

プロ棋士の棋力は30代半ば頃から衰えてくるという話を聞いた事があるのだが、長年に渡り第一線でご活躍されている羽生善治九段は素晴らしいなと思う。
羽生善治九段は、子供の読む伝記本が出版される等、将棋界に詳しくない人でも名前だけでも知っている人は大多数だと思う。

テレビではニュース速報が流れる等、今後テレビや新聞でもトップニュースとして扱われる事だろう。

羽生善治九段・永瀬拓矢叡王、対局お疲れ様でした。

さて、2019年6月6日に行われる【第60期王位戦】羽生善治九段vs木村一基九段、こちらの勝者は、豊島将之王位との対局が決定する注目の一戦。

AbemaTVでも中継がある様なので見逃せない。



藤井聡太七段【第67期王座戦挑戦者決定トーナメント一回戦】将棋めし(勝負めし)

★☆藤井聡太七段【第67期王座戦挑戦者決定トーナメント一回戦】将棋めし(勝負めし)☆★

2019年5月31日(金)に行われた前局では、午後8時過ぎに千日手となり指し直し局となったが、結果、藤井聡太七段が菅井竜也七段に勝利。

そして、土日と中二日空けての6月3日(月)東京・将棋会館、特別対局室にて行われる本局は佐々木大地五段と対局。

ちなみに藤井聡太七段は佐々木大地五段との公式戦では1勝1敗。
2018年5月に福岡県で行われた、こどもの日「QTnet将棋Day2018」公開対局「次世代将棋名人戦」では、藤井聡太七段(当時は四段)が完勝。

最多勝数を誇る佐々木大地五段。
本局の勝者の次戦は羽生善治九段と決定している。

さて本局、振り駒の結果、と金が3枚で佐々木大地五段が先手・藤井聡太七段が後手となった。

将棋めし(勝負めし)は以下の通りとなった。




f:id:marche3280:20190604091537j:plain
(AbemaTVより)
★藤井聡太七段・昼食メニュー★

⚫️「豚キムチ」(900円)(鳩やぐら)

沢山の品目を摂取出来るのではないのかと思う程、付けあわせも色々とあり、味も楽しめたのではないのだろうかと思う。

鳩やぐらさんは、みろく庵さんが2019年3月末に閉店した事に伴い、たまたま来店した将棋連盟の職員が出前店への参入を打診され快諾されたとの事。
店主の女性の方は、手作りにこだわられている様で自宅の家庭菜園で育てた野菜等を使用し食事提供されている様だ。
店主のこだわりが感じられる。

「鳩やぐら」
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-22-4


★佐々木大地五段・昼食メニュー★
f:id:marche3280:20190604091614j:plain

(AbemaTVより)

⚫️「アボカドとチェダーチーズのパニーニ+カフェラテ」(850円)(バード&ルビー)

AbemaTV解説の藤森哲也五段と聞き手の和田あき女流初段が「インスタ映えしますね」とコメントされていた。
街角カフェメニューを昼食メニューとして紹介というのは初めてだったので驚いた。

「バード&ルビー」
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-21-3


★藤井聡太七段・夕食メニュー★
f:id:marche3280:20190604091634j:plain
(AbemaTVより)

⚫️「カレーライス」(770円)(ほそ島や)

お値段お手頃で、余り時間を掛けずに手軽に食せるのが魅力。
その分、残りの休憩時間を検討に充てられるという利点もある。


★佐々木大地五段・夕食メニュー★
f:id:marche3280:20190604091711j:plain
(AbemaTVより)

⚫️「冷むじなそば」(850円)(ほそ島や)

AbemaTV解説の深浦康市九段によると「私は頼んだ事はないのですが、冷やし中華は良く頼むので、夏が来たなという感じですね」とコメントされていた。
加藤桃子女流三段によると「ヘルシーな感じですね」とコメント。
色んな具材をあっさりさっぱりと頂けて美味しそうだなと思った。

「ほそ島や」
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-29-8

さて対局の結果は、139手にて佐々木大地五段の勝利。
羽生善治九段との対局が決定。

対局後の感想で藤井聡太七段は「序盤から強く指された。リスクの取り方を間違えたかもしれない。次から力を付けて頑張りたいと思う。」とコメント。

ところでAbemaTVの解説で、終盤、深浦康市九段と藤森哲也五段が解説の域を超える私情の入りすぎた発言に驚いた。
「大丈夫か、お前」と叫んだり「てっちゃん」等の連呼。
マイクがオフになっていると勘違いをされているのではと思える程だった。

深浦康市九段は対局者の佐々木大地五段の師匠であり、藤森哲也五段も同じ関東所属という事で個人的にも応援に熱が入っていたのだろう。

以前も、その様な解説をしていた対局の中継を観た事があるのだが、解説者の素が観られて良かったと評価するのか、それとも一体何事だと評価するのか賛否両論ある事だろう。

ただ視聴者に向けての放送であるので、あからさまに一対局者を応援する様な発言は慎まれた方が良いのではと感じた。

番組終了前、深浦康市九段が「見応えある将棋だっただけに色んな発言をしてしまった」と言っていたが、藤井聡太七段のファンを意識しての発言だったのではと思った。
生中継で編集は不可であるし棋界へ影響を及ぼしかねないので、発言に影響力を持っているという重みを胸に取り組んで頂けたらなと思う。

さて次局は、6月11日(火)【第91期棋聖戦】東和男八段と関西将棋会館にて、持ち時間各1時間にて対局。

その後、6月18日(火)【第78期順位戦】村田顕弘六段と関西将棋会館にて、持ち時間各6時間にて対局。

本日のAbemaTVで解説をされていた村田顕弘六段(6月18日、藤井聡太七段と対局)だが、聞き手の和田あき女流初段から、藤井聡太七段と以前対局をされた際の印象を聞かれた所「めちゃくちゃ強いですね」と苦笑いをされていた。

順位戦は感想戦の中継がないのが残念だが、持ち時間が6時間という事もあり長丁場となる事だろう。
二週続けての対局も注目である。






羽生善治九段【第32期竜王戦1組出場者決定戦】将棋めし(勝負めし)

★☆羽生善治九段【第32期竜王戦1組出場者決定戦】将棋めし(勝負めし)☆★



最近は将棋の勝負めしばかりで、飲食店やレストラン等の情報を発信していませんが、今しばらくお付き合いください(^^;






2019年5月23日(木)羽生善治九段は、大山康晴十五世名人保持の歴代最多勝数『1433』に並び史上1位タイとなった。
本局で勝利すると単独で1位となる。
f:id:marche3280:20190531133222j:plain
(AbemaTVより)
史上3人目の中学生棋士としてプロデビューをされた大棋士・羽生善治九段。
タイトル七冠の独占、タイトル通算は99期。
タイトル通算100期獲得へ繋げる為にも、まずは本局で勝利されたい所だろう。

一方、木村一基九段は過日開催された「瀬戸将棋まつり」にて藤井聡太七段と公開対局をされたり、4月には幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議2019人間将棋」にて加藤一二三九段との対局や解説をされたりとイベントへ多く出演されている。

なお、第2回AbemaTVトーナメントCブロックの予選へ出場し一位決定戦へと進出。
ユーモア溢れるお話をされる等、人気のある棋士の一人である。

さて本局の振り駒は全て【と金】が出た為、木村一基九段が先手、羽生善治九段は後手となる。




★羽生善治九段・昼食メニュー★
f:id:marche3280:20190531133313j:plain
(AbemaTVより)

⚫️「上にぎり」(千寿司)

AbemaTV解説の橋本崇載八段によると「特・上・並で選ぶならば、一番無難な注文だと思う。」とコメント。
あと橋本崇載八段は「注文する場合は、特・上より並が好き。イカ等の光り物が好き。」とコメントされていた。

他の棋士だか、休憩時に他の対局者が注文したメニューを食べてしまう等のアクシデントもあるとの裏話もされていた。

同じくAbemaTV聞き手の竹部さゆり女流四段は、ズバリ!ハッキリ!とコメントされる事が多くベテラン感溢れているなと思った。

「千寿司」
東京都渋谷区千駄ヶ3-14-1


★木村一基九段・昼食メニュー★

⚫️注文なし


★羽生善治九段・夕食メニュー★

⚫️「チキン南蛮弁当」
(鳩やぐら)

「鳩やぐら」
東京都渋谷区千駄ヶ1-22-4
豊歳ビル1F


★木村一基九段・夕食メニュー★

⚫️「チラシ(並)」
(千寿司)

「千寿司」
東京都渋谷区千駄ヶ3-14-1


さて対局結果は81手にて木村一基九段の勝利。

羽生善治九段によると「まとめにくい将棋となった。(歴代単独一位1434勝)残念ですが次の対局に力を尽くしたい。重要な一局なので頑張りたい。」とコメントされていた。

羽生善治九段は、6月4日(火)王位戦挑戦者決定リーグ白組、永瀬拓矢叡王(26)と対局。

2019年4月・5月に行われた叡王戦にて高見泰地七段にストレート勝ちされた永瀬拓矢叡王。
次局も注目の一局である。



藤井聡太七段・第45期棋王戦予選トーナメント将棋めし(勝負めし)

★☆藤井聡太七段・第45期棋王戦予選トーナメント将棋めし(勝負めし)☆★
2019年5月25日、藤井聡太七段がプロ棋士になって初めて地元の愛知県瀬戸市の「瀬戸将棋まつり」にて公開対局に挑んだ。
対局のお相手は、木村一基九段。
結果129手にて藤井聡太七段の勝利。

公開対局前「瀬戸将棋まつり」が開催されている同センターで記念将棋大会が行われた。
藤井聡太七段は、その子供大会で勝ち抜いた小学生12人を相手に同時対局。
その12人中の一人、小学6年生の長沢魁さんが香車・飛車落ちではあったものの勝利。
実は長沢さん、小学生名人戦2018年にて準優勝をされた事がある。
長沢さんは、藤井聡太七段の師匠である杉本昌隆八段の研究室生で、藤井聡太七段にとっては弟弟子にあたる。

さて藤井聡太七段の前局は牧野光則五段(31)に勝利。
5月28日(火)の本局は都成竜馬五段と関西将棋会館「水無瀬」にて、藤井聡太七段は振り駒により後手番となる。



将棋めし(勝負めし)は以下の通りとなった。

★藤井聡太七段・昼食メニュー★

f:id:marche3280:20190529101450j:plain
(AbemaTVより)
⚫️「チキンステーキ&白身魚フライ盛合せ」(900円)(イレブン)

昨年12月25日の対局時にも注文をされたランチ。
持ち時間が4時間という事で夕食休憩がないので、肉&魚としっかりと食された事だろう。

AbemaTV解説の村山慈明七段によると「持ち時間が短い時には夕食休憩がない分、ランチをしっかりと摂
られますね」とコメントされていた。
ちなみに村山慈明七段は、2019年4月をもって関東所属から関西所属となられた。

「レストランイレブン」
大阪府福島区福島6-3-11
関西将棋会館1F


★都成竜馬五段・昼食メニュー★

f:id:marche3280:20190529101601j:plain
(AbemaTVより)
⚫️「御弁当そば(温)」(830円)(やまがそば)

AbemaTV聞き手の中村桃子女流初段によると「おそばは食べやすいので良いですよね」とコメントされていた。
ボリュームがあるのだが、1000円でお釣りがくるのは嬉しいところだ。

「やまがそば」
大阪府福島区福島7-14-18


さて対局の結果は95手まで都成竜馬五段が勝利。
本局に勝利した事により都成竜馬五段は棋王戦挑戦者決定トーナメントへ名を連ねた。
一方、藤井聡太七段は対局後のインタビューにて「形成判断が駄目だった」とコメントされていた。

藤井聡太七段の次局は、5月31日(金)第32期竜王R戦・菅井竜也七段と対局。

菅井竜也七段は過日の「瀬戸将棋まつり」の二日目に斎藤慎太郎王座と公開対局をされたばかり。
菅井竜也七段は2017年度に平成生まれ初のタイトルホルダーとなられ、2019年4月からはNHK将棋フォーカスに出演されている。


第77期・名人戦第4局 【2日目】佐藤天彦名人VS豊島将之二冠(棋王・王位)将棋めし(勝負めし)

★第77期・名人戦第4局
【2日目】佐藤天彦名人VS豊島将之二冠(棋王・王位)将棋めし(勝負めし)


本局は見逃す事の出来ない重要な一局である。
佐藤天彦名人が勝てば、地元の方々にとっても非常に嬉しい一勝となる。
豊島将之二冠が勝てば平成生まれ初の名人誕生となる。
そして三冠達成となる。

前日に封じ手をされた佐藤天彦名人。
深浦康一九段が封じ手を開封し対局がスタート。
深浦康一九段は封じ手開封の際、二通の内一通のみ二度ハサミを入れられていた。



AbemaTVの中継インタビューで深浦康一九段と豊川孝弘七段曰く、二度ハサミを入れた理由は、中身は二重封筒になっており、封じ手の用紙が真ん中に納められているのを確認出来なかった為との事。
非常に珍しいケースだった様である。

あと、こちらも深浦康一九段と豊川孝弘七段が対局一日目の夜の夕食会の様子についてお話をされていた。長テーブルに40~50名が集団お見合いの様な感じで食事を摂られた様で、大人数でというのは非常に珍しかったとの事。

豊島将之二冠は食事を終えられた後、先に部屋を出られた様なのだが、佐藤天彦名人はその後も少し残られていたとの事。
その後、部屋を出られる際、襖を開けた所、その場は物置で、次に開けた襖もまた物置だったとの事でご本人も周りの方も苦笑いをされていたとの事。
その後、また別の襖を開けた所でやっと退出をされたそうである。
襖のある出口が四ヵ所あったとの事だが、豊川孝弘七段によると「出口の定跡がなかったのでしょう(出口若武四段に引っ掛けて)」「お腹は一杯で頭の中は盤面の事で一杯だったのでしょう」と時折ジョークを交えられながらお話をされていた。

【対局の日時と場所】
日時:2019年5月17日(金)
午前9時~
場所:福岡県飯塚市
「麻生大浦荘」
f:id:marche3280:20190518083319j:plain
☆午前のおやつ☆

【佐藤天彦名人】
⚫️モンブラン
⚫️フルーツ盛り合わせ
⚫️アップルジュース
⚫️紅茶

モンブランは非常に食べやすい大きさでありスムーズに召し上がられていた。
あとフルーツ盛り合わせの器が三日月型でオシャレだった。
視覚的にも楽しめる内容だったと思う。
f:id:marche3280:20190518083352j:plain
【豊島将之二冠】
⚫️フルーツ盛り合わせ

AbemaTV解説の八代弥七段によるとイチゴが好みではあるが、ケーキは自身で買う事はなく、どなたかのお家へお邪魔させて頂いた時に頂く位だとコメントされていた。
宮宗紫野女流二段はモンブランも好きだが、ショートケーキがとても好きとの事。
f:id:marche3280:20190518083423j:plain
☆昼食☆

【佐藤天彦名人】

⚫️カツカレー
⚫️アップルジュース

対局に勝つという意を込められてのオーダーなのかは分からないが、佐藤天彦名人と言えばカレーのオーダーが多い。
ボリュームのあるサクサクのカツに、たっぷりのカレールー。
気温が高くとは言えども終局までの時間に備えて、ガッツリと頂かれた事だろう。
f:id:marche3280:20190518083455j:plain
【豊島将之二冠(棋王・王位)】

⚫️しょうが焼き定食

一日目に佐藤天彦名人が頂かれた昼食メニューと同じ。
ボリュームがある感じではないのだが、食がどんどんと進みそうな感じではある。

☆午後のおやつ☆

【佐藤天彦名人】

⚫️ショートケーキ
⚫️フルーツ盛り合わせ
⚫️アップルジュース
⚫️紅茶

イチゴと生クリームがたっぷりなショートケーキだった。
フルーツの盛り合わせは夕食休憩に入られる30分前に平らげられた。

【豊島将之二冠】

⚫️フルーツ盛り合わせ

前日のAbemaTVの解説者が「二日目の午後のおやつは局面の事もあり、ゆっくりと味を感じられないでしょうね」とコメントされていたが、少しは糖分補給が出来た事だろう。

☆夕食(軽食)☆

⚫️サンドイッチ
⚫️アップルジュース

軽くつまんで食べられそうな感じではあったが、夕食休憩は僅か30分なので急いで食された事だろう。

第4局の対局の結果は、133手にて豊島将之二冠の勝利。
名人戦の開幕から無敗の4連勝。
豊島将之、平成生まれ初の名人誕生、そして三冠となる。

対局後のインタビューにて豊島将之二冠は「一局一局、丁寧に指してきた。実力以上出た部分もあったと思う。」とコメント。
佐藤天彦名人は「自分なりにベストを尽くしたが実力不足。最少局数で終えてしまったのは面目ない。」とコメント。

投了の際、佐藤天彦名人は「負けました」とハキハキとした声で負けを認められ、名人を防衛出来なかった悔しさや辛さを抱かれ気持ちの整理も出来ていないであろう中、インタビューにもきちんと答えられていて素晴らしいなと思った。

過日の叡王戦で、同じく4連敗された高見泰地七段の対局後の大盤解説会での様子をつい思い出してしまった。
きっと佐藤天彦名人の心境も同じに違いない。
棋界最高峰の名人位を三期連覇中だった佐藤天彦名人、応援をされていたファンの方に向けてのコメントには涙が溢れてしまった。

今期は残念な結果で終えてしまったが、次なるは順位戦で戦われて挑戦権を得て、また永世名人を目指して頑張って欲しいなと思う。

そして、報道関係者を一同にされての豊島将之名人への記者会見、インタビューでは以下の通りコメントされていた。

「無冠の時代が長かった。今後二つの防衛戦があるので10月の時点でどえなっているのかは分からないので頑張っていきたい。名人は小さい頃からの憧れ。思い描いている名人と比べると人間的な部分が未熟なので成長していきたい。」と話されていた。

豊島将之名人のお隣にいらした井上慶太九段(日本将棋連盟常務理事)へのインタビューでは「関西所属の名人は谷川浩司九段以来、二十数年振り。同じく関西所属の棋士が名人となり嬉しい。豊島将之名人には今後、八冠目指して頑張って欲しい。」とコメントされていた。

豊島将之先生、名人&三冠達成おめでとうございます。
そして、お疲れ様でした!