将棋ブログ~将棋めし(勝負めし)❗

将棋のプロ棋士・藤井聡太七段を始め、その他の棋士の将棋めし(勝負めし)に注目をしながら、対局も楽しませてもらっています。

★第4期・叡王戦第4局(高見泰地叡王VS永瀬拓矢七段)将棋めし★

★第4期・叡王戦第4局(高見泰地叡王VS永瀬拓矢七段)将棋めし★

ゴールデンウィーク明けの名人戦第3局を終えたばかりだが、叡王戦は早くも第4局を迎えた。

第4期・叡王戦、第1局・第2局・第3局と挑戦者の永瀬拓矢七段が勝利をし3連勝中。
第1局・第2局・第3局に続いて行われる第4局の舞台は、地を移し長崎県から広島県へ。





まず、第4局に向けて両対局者の意気込みについてご紹介したいと思う。

☆高見泰地叡王
「自分なりに精一杯やってきたので何とか勝って、前期戦った金井先生の居る常磐ホテルまで繋ぎたいと思う。」

☆永瀬拓矢七段
「自分なりに準備が正確に出来たかは分からないけれど頑張りたいと思う。」

f:id:marche3280:20190512211458j:plain
日時:5月11日(土)
14時~
場所: 広島県廿日市
「みやじまの宿・岩惚」

以下、両対局者が対局を前にチョイスした昼食メニューを紹介したいと思う。

★高見泰地叡王の昼食メニュー

⚫️広島牛御膳(広島牛鍬焼き・牛しぐれ煮の櫃まぶし)
⚫️名物穴子重(ミニ)
⚫️卸し蕎麦
⚫️ウーロン茶
⚫️レモンサイダー


★挑戦者・永瀬拓矢七段の昼食メニュー

⚫️広島牛御膳(広島牛鍬焼き・牛しぐれ煮の櫃まぶし)
⚫️穴子重御膳
⚫️ウーロン茶
⚫️みかんジュース
⚫️ホットコーヒー

両対局者がオーダーされた広島牛御膳。
広島牛づくし、満足感得られるボリュームだった。
そして穴子重もオーダーされていたが贅沢な一品であった。

★高見泰地叡王のおやつ

⚫️濃厚カスタードのさくっとシュー
⚫️プレミアムロールケーキ
⚫️バスチーバスク風チーズケーキ
⚫️りんごジュース
⚫️レモンサイダー
⚫️ホットコーヒー

★挑戦者・永瀬拓矢七段のおやつ

⚫️ビターチョコエクレア
⚫️とろけるティラミス
⚫️もっちりとした白いたい焼き
⚫️みかんジュース
⚫️りんごジュース
⚫️ホットコーヒー

ニコニコ動画で解説の渡辺明二冠と聞き手の伊藤沙恵 女流三段が、ローソンのバスチーバスク風チーズケーキを食されていたが、渡辺明二冠によるスペインのお話が興味深かった。
伊藤沙恵女流三段も楽しそうにお話を聞かれていた。
スイーツを頂きながら渡辺明二冠のお話を聞けるのはプレミアムだなと思った。

★高見泰地叡王の夕食メニュー

⚫️瀬戸の握り寿司御膳
⚫️みかんジュース
⚫️レモンサイダー

色んなネタの乗った握り寿司はどれも豪華だ。
その他、茶碗蒸し等々もあり舌鼓を打ってみたいなと思える程に美味しそうな和食だった。

★挑戦者・永瀬拓矢七段の夕食メニュー

⚫️広島牛石焼御膳
⚫️みかんジュース
⚫️ホットコーヒー

昼食に続いて広島牛のメニュー。
石焼の演出が良いなと思った。
メイン以外のものも美味しそうだ。


そして対局結果は、132手まで永瀬拓矢七段が勝利し叡王のタイトルを手にした。
過去、三度タイトルに挑戦をし今回初めてタイトルを獲得。
一方、高見泰地叡王はタイトルを防衛出来ずだった。

対局後、両対局者は現地の大盤解説会の会場へと移動し、糸谷哲郎八段・山崎隆之八段から対局後の感想やファンの方々へ向けてのメッセージをインタビュー。

永瀬拓矢七段はインタビューに答えられていたのだが、高見泰地叡王は感情を押さえきれなくなったのかインタビューに答える事が出来ず、二度程、退場をされた。

糸谷哲郎八段は過去にタイトルを防衛出来なかった経験があり、高見泰地叡王の気持ちが分かる分、少し涙声になられていたのが印象的だった。
山崎隆之八段は、自身はタイトル戦に出た事がないので気持ちは…でもタイトル戦に出られるという事は本当に羨ましい思いです…と言われつつも少し困られていた。

高見泰地叡王が溢れる涙を押さえられている姿を見て、思わず自身も涙が溢れてきてしまった。
大人の男の涙を見たのは、いつ以来か……。

棋士は対局に負けた後、感情を押さえる為に皿を割った事がある、敢えて遠回りをして帰る、寝る等々…棋士各々ある様だが、でもやはり悔しさから涙が溢れる事もあるだろう。
でもきっと人目に触れないようにという思いが勝っている事と思う。

でも高見泰地叡王はニコニコ動画の生放送の中で、しかも一般のお客様がいる中で涙をというのは、やはりお人柄もあると思うし、人生を変えてしまう程にタイトルが重いものであるという証なのだと思う。

ニコニコ動画解説の渡辺明二冠によると、高見泰地叡王は自分の為というよりも応援をしてくれているファンの方の為に頑張られているので、と言われていた。

大盤解説会の会場でのインタビューを終えられた後、対局室へ戻られた両対局者。
途中から感想戦の中継が入ったのだが、何と高見泰地叡王が永瀬拓矢七段へ自身の駒だった【王】を渡して感想戦をしている盤上が映った。
高見泰地叡王の心遣いには心から感動をした。

NHKで日曜日にオンエアされている「将棋フォーカス」の司会に、今年4月から都成竜馬五段と共に抜擢された高見泰地叡王。
自身が高見泰地叡王を初めて知ったのは、藤井聡太七段が朝日杯で初優勝された際、中継をされていたAbemaTVのレポーター(朝日杯会場担当)として出演されていたのを見てからだ。
棋士とは思えない程に、藤井聡太七段初優勝の号外の新聞が配布されているレポートをも含めて、全て上手く伝えられている姿に素晴らしいなと感動したのを覚えている。

「叡王戦」を終え寂しい気持ちもあるが、今後も対局を始め、テレビやイベントへの出演等で大活躍される事を願っている!

そして永瀬拓矢七段、新叡王おめでとうございます!
念願の初タイトル獲得、ラーメン川崎家のお父様も喜ばれている事でしょう!

お二人共、お疲れ様でした!