将棋ブログ~将棋めし(勝負めし)❗

将棋のプロ棋士・藤井聡太七段を始め、その他の棋士の将棋めし(勝負めし)に注目をしながら、対局も楽しませてもらっています。

藤井聡太七段・第45期棋王戦予選トーナメント将棋めし(勝負めし)

★☆藤井聡太七段・第45期棋王戦予選トーナメント将棋めし(勝負めし)☆★
2019年5月25日、藤井聡太七段がプロ棋士になって初めて地元の愛知県瀬戸市の「瀬戸将棋まつり」にて公開対局に挑んだ。
対局のお相手は、木村一基九段。
結果129手にて藤井聡太七段の勝利。

公開対局前「瀬戸将棋まつり」が開催されている同センターで記念将棋大会が行われた。
藤井聡太七段は、その子供大会で勝ち抜いた小学生12人を相手に同時対局。
その12人中の一人、小学6年生の長沢魁さんが香車・飛車落ちではあったものの勝利。
実は長沢さん、小学生名人戦2018年にて準優勝をされた事がある。
長沢さんは、藤井聡太七段の師匠である杉本昌隆八段の研究室生で、藤井聡太七段にとっては弟弟子にあたる。

さて藤井聡太七段の前局は牧野光則五段(31)に勝利。
5月28日(火)の本局は都成竜馬五段と関西将棋会館「水無瀬」にて、藤井聡太七段は振り駒により後手番となる。



将棋めし(勝負めし)は以下の通りとなった。

★藤井聡太七段・昼食メニュー★

f:id:marche3280:20190529101450j:plain
(AbemaTVより)
⚫️「チキンステーキ&白身魚フライ盛合せ」(900円)(イレブン)

昨年12月25日の対局時にも注文をされたランチ。
持ち時間が4時間という事で夕食休憩がないので、肉&魚としっかりと食された事だろう。

AbemaTV解説の村山慈明七段によると「持ち時間が短い時には夕食休憩がない分、ランチをしっかりと摂
られますね」とコメントされていた。
ちなみに村山慈明七段は、2019年4月をもって関東所属から関西所属となられた。

「レストランイレブン」
大阪府福島区福島6-3-11
関西将棋会館1F


★都成竜馬五段・昼食メニュー★

f:id:marche3280:20190529101601j:plain
(AbemaTVより)
⚫️「御弁当そば(温)」(830円)(やまがそば)

AbemaTV聞き手の中村桃子女流初段によると「おそばは食べやすいので良いですよね」とコメントされていた。
ボリュームがあるのだが、1000円でお釣りがくるのは嬉しいところだ。

「やまがそば」
大阪府福島区福島7-14-18


さて対局の結果は95手まで都成竜馬五段が勝利。
本局に勝利した事により都成竜馬五段は棋王戦挑戦者決定トーナメントへ名を連ねた。
一方、藤井聡太七段は対局後のインタビューにて「形成判断が駄目だった」とコメントされていた。

藤井聡太七段の次局は、5月31日(金)第32期竜王R戦・菅井竜也七段と対局。

菅井竜也七段は過日の「瀬戸将棋まつり」の二日目に斎藤慎太郎王座と公開対局をされたばかり。
菅井竜也七段は2017年度に平成生まれ初のタイトルホルダーとなられ、2019年4月からはNHK将棋フォーカスに出演されている。