将棋ブログ~将棋めし(勝負めし)❗

将棋のプロ棋士・藤井聡太七段を始め、その他の棋士の将棋めし(勝負めし)に注目をしながら、対局も楽しませてもらっています。

【第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負・第1局】将棋めし(勝負めし)

★☆【第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負・第1局】将棋めし(勝負めし)☆★

2019年6月4日(火)兵庫県洲本市(淡路島)「ホテルニューアワジ」にて、棋聖戦の第1局が行われた。

対局者は豊島将之三冠・渡辺明二冠。
両対局者によるタイトル数の合計は、8タイトルある中の5タイトルを獲得されている。

2018年は31年振りに、複数冠獲得の棋士が居ない状況となり、8人がタイトルホルダーとなる《超戦国時代》となった。

この度は、将棋界の中でも最強棋士と言われている二人の対局という事で、非常に注目をされているタイトル戦である。

豊島将之三冠が初防衛となるのか、それとも渡辺明二冠が初の棋聖となるのか。

対局は振り駒により、渡辺明二冠が先手、豊島将之三冠が後手となる。




★午前のおやつ
f:id:marche3280:20190605142320j:plain
【豊島将之三冠】

⚫️カットフルーツ盛り合わせ

盤面に集中しながらも、カットされたフルーツを一口で食べられる感じが良かった。
あと、果実をそのままくり貫いて皮の部分を器にし、中身には果物をたっぷり使用し盛り付けられているのも瑞々しさが保てており良かった。

豊島将之三冠は、4月・5月の佐藤天彦九段との名人戦でも、午前・午後のおやつにフルーツの盛り合わせを選ばれおり、色んな盛り付けをされたフルーツを見るのも楽しみの一つとなっている。

AbemaTV聞き手の藤井奈々女流一級がカットフルーツの盛り合わせを見られて「水分でさっぱりとしているから食べやすいと思う」とコメントされていた。

f:id:marche3280:20190605141951j:plain
【渡辺明二冠】

⚫️スイートポテトもっちりケーキ
⚫️玉葱パイ
⚫️ホットコーヒー

おやつが運ばれた際、渡辺明二冠は暫くの間、おやつをジーッと凝視されていた。
きっと玉葱パイの渦の形(玉葱を横に輪切りした形)に見入っていたのではないのかなと思う。

AbemaTV解説の北浜健介八段が玉葱パイを見られて「一回食べてみたい」とコメントされていた。
藤井奈々女流一級が「淡路島の玉葱は普通の玉葱よりも甘い」と言われており、自身もこれまで段ボール一箱分程の数を食した事があるので、甘さに関しては正しくその通りだが、パイとなるとどんな味なのかは気になる所だ。


★昼食メニュー
f:id:marche3280:20190605142038j:plain
【豊島将之三冠】

⚫️牛丼(淡路牛)+ミニうどん

北浜健介八段が牛丼の牛肉が淡路牛であると知った後「今から淡路島に行きたい位」とコメントされていた。

あと持ち時間が4時間なので夕食休憩がないとの事だが、ボリュームがとても少ないなと感じた。
午後のおやつもあるのだが胃袋は満たされたのか、腹八分目までは頂かれたのかなと、ふと気になった。
f:id:marche3280:20190605142112j:plain

【渡辺明二冠】

⚫️牛丼+玉葱スープ+ミニうどん

藤井奈々女流一級が「玉葱が甘くてサクサク」とコメントされていたが、淡路島での対局との事で、現地の淡路牛や玉葱をセットにして舌鼓を打つ事が出来、嬉しいランチタイムだった事だろう。

対局室前に広がる海を眺めると海の幸も頂かれたい事と思う。
現地入りも早かった様なので、もしかすると既に召し上がられているのかもしれない。


★午後のおやつ
f:id:marche3280:20190605142242j:plain
【豊島将之三冠】

⚫️カットフルーツ盛り合わせ+アップルジュース

午前のおやつと比べるとメロンがある分、ボリュームがある様に見えた。
それぞれのフルーツが白いお皿の上でパーティーをしているかの様に華やかだった。


【渡辺明二冠】
f:id:marche3280:20190605142201j:plain
⚫️和菓子+アイスコーヒー

初夏を感じさせる様な5種の和菓子は視覚的にも楽しませてくれた。
紋付き袴姿で和菓子を頂かれている姿を見て、日本の和は風情があり良いなと改めて思った。

AbemaTV解説の及川拓馬六段が聞き手の宮宗紫野女流二段に「どの和菓子が良いですか」と質問されてから後、暫く考え込まれていた。
おっとりとされた印象のある宮宗紫野女流二段らしい反応だなと思った。

さて対局結果は168手にて豊島将之三冠の勝利。
初防衛に向けて、まずは一歩リードした形となった。

ところで、渡辺明二冠が前夜祭の壇上で「洲本城を観るため三熊山に登った際にヘビに会って悲鳴をあげた。自然豊かな淡路島ならでは。リラックスができた。」とお話をされていたが、渡辺明二冠は確か大の虫嫌いだったはずなのだが(将棋の渡辺くんより→家のベランダの窓は全てピタッと閉めておかないといけなくて、常に殺虫剤を置いている。)



さて次局、ヒューリック杯棋聖戦【第2局】は、2019年6月19日(水)亀岳林 万松寺(愛知県名古屋市)となる。
大盤解説会では、杉本昌隆八段が解説をされる様だが、昨年5月に同じく万松寺で行われた名人戦の対局室に学校帰りの藤井聡太七段が入室をされ当時話題になった。
今年も万松寺まで足を運ばれるのかも注目である。